So-net無料ブログ作成
検索選択

浜田雅功の苦手な大物歌手が判明!画像付きで解説! [芸能]




1月8日の「ダウンタウンなう」にて

浜田雅功さんの苦手な大物歌手を言っていました。

もちろん放送ではピー音でしたが

「超大物歌手K」とイニシャル「K」とのこと。



番組終了後

即座にネットで検索され

浜田雅功さんの苦手な大物歌手が

誰なのか判明したようです。



ではさっそく

大物歌手Kについて

みていきましょう。


スポンサードリンク








大物歌手Kが判明!



浜田雅功さんといえば

先輩芸人だろうがジャンルの違う歌手だろうが

頭を叩いたりドツイたりすることで有名ですね。



もちろん収録前に

打ち合わせをするらしいのですが

アドリブで叩くこともしばしば・・・


最近では志村けんさんと仲が良いようで

よくドツいていますよね。



そんな志村けんさんから番組中に

叩かない人って誰?」との質問が。


~流れ~

■松っちゃん

「そんな奴おるか~?」


■浜ちゃん

「いや、おるよ」

「1回怒られたよ、〇〇に!」

〇〇はピー音


■松っちゃん

「そこはウソでも、さん付けしてくれ~」

「〇〇はあかんよ~」

といった番組の流れでした。



浜田雅功さんが「超大物歌手K」に

苦手意識を持つことになった原因が

1980年代後半~90年代中盤まで放送された

「クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!」

というクイズ番組に出演した時で、



■浜ちゃん

「コラァ!お前!!」

と頭をどつく。


■超大物歌手K

怒り気味で苦笑い・・・


■浜ちゃん

収録後

「すいませんでしたー!」と楽屋へ謝罪。


■超大物歌手K

冷たい反応。

本当に嫌だったみたいです。




ネット上でもは超大物歌手Kは

「加山雄三・北嶋三郎・小林旭」

ではないかと話題になっていました。




もう少し詳しく

当時の動画などを調べたところ

超大物歌手Kは「加山雄三」さんで

間違いないように思われます。


スポンサードリンク








加山雄三プロフィール!




生年月日:1937年4月11日(77歳)

出身地:神奈川県

血液型:A型

出身:神奈川県横浜市

学歴:茅ヶ崎第一小学校卒→茅ヶ崎第一中学校卒


1953年4月 :慶応義塾高校入学

1959年 :スキーで国体出場

1960年:慶応義塾大学法学部政治学科卒業

1960年:東宝と専属契約を結ぶ。

1960年 :「男対男」でスクリーンデビュー(脇役)

1960年:「独立愚連隊西へ」で本格デビュー

1961年:若大将シリーズ開始

第一作目「大学の若大将」

挿入歌「夜の太陽」レコードデビュー曲発売。


1965年:「恋は紅いバラ」発売。

これは【海の若大将】の中で歌われた。


1966年 :「君といつまでも」大ヒット

レコード大賞特別賞を受賞する。

NHK紅白歌合戦に初出場


1986年: NHKで「加山雄三ショー」始まる

紅白歌合戦の白組の司会をする。(87年、 88年と3年連続白組の司会者)



経歴をみてわかるようにスゴイお方ですね。

さすがにどつくのはまずかったのではないでしょうか。

お笑いが分からない人との見方もありますが

加山雄三さんは歌手ですしね。




以上

浜田雅功の苦手な大物歌手が判明!

画像付きで解説!・・・でした。


スポンサードリンク





コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。